人間ドックの結果が届いた。スタッフ全員とくに深刻な内容でもなく一安心!
厚生労働省により、この4月からはメタボリックシンドローム検診が義務化される。そんなわけで、というよりやはり各自の健康維持あるいは生活習慣の自覚の意味で、昨年に引き続き今年もCTによる内臓脂肪検査も行った。

4b890103.JPG個人情報の問題により特定のスタッフの検査結果をネタにすることはできないので、私の検査結果を紹介しよう。
復囲の基準は男性で85cm以上でメタボとなる。腹囲とは、ちょうどおへその位置で測ったサイズだ。ほとんどの場合はズボンのウエストよりも大きくなる。ちなみに、私が普段履いているジーンズは30〜31インチ。つまり76.2〜78.74cm。ズボンによっては81cmというものもある。ウエストのサイズはジーンズメーカーやウエストの位置によって誤差はある。しかし、おへそは必ずズボンのウエストよりも上にあり、この年になれば微妙に(あ、いや…、かなり?)プヨプヨの肉がついていて当たり前。要するに普段のズボンのサイズよりも大きくなるのは必然なので要注意!実際私の腹囲は84.5cmだった。「えっ?ギリギリセーフ?」と驚いたほど。もっとも、身長によっても左右される要素もあると思うのだが、それが全て85cmと一定の数値が基準になることが腑に落ちない。
まあ、とにかくギリギリで助かった。これは気をつけないと来年はヤバイかも!そのほか、写真のとおり全ての項目でメタボの範囲には入らずにすんでいた。

これで安心して生活習慣を乱してしまっては本末転倒!ギリギリセーフの腹囲を来年は余裕でクリアできるように頑張ろう!