e8a4c134.JPGディスカバリー3用のDLEマフラーが出来上がった。いや、出来上がったはずだった。レンジローバー・スポーツ用を改良することで順調に出来上がるはずだった。レンジローバー・スポーツとディスカバリー3のノーマルマフラー同士の比較も考慮したはずだった。『これぐらいの大きさのサイレンサーを作れば、きっとあんな音量になるだろう』という予想が微妙に外れた。
と、悲観的な表現ばかり並べたが、実はもの凄くいい音は出ている。これが、別のクルマだったら全く問題ない!大成功の作品だ。しかし、私がイメージしていたディスカバリー3の音ではないということ。ディスカバリー3の専用マフラーに求めていたコンセプトはスポーティー&カジュアル。出来上がったマフラーにはカジュアルさがほんの少し足りない。音の種類としては太すぎる感じ。踏み込んでいくと『フォーン』と気持ちのいい音がする。しかし、もっと軽い音が欲しい!『シューン』と、『ヒューン』の中間ぐらいのイメージかな。
出口の形状は予定通り。ディパーチャーアングルを犠牲にしないこと。誇張しすぎないこと、そして静かに主張すること。テール部分のデザインはこれで決定!

完成、即発売開始と行きたかったが、イメージの音に近づけるようもう一度トライしてみよう!