1b668f66.jpgWeb上の自動車情報サイトによれば、北米市場向けにディスカバリー3用の5.0L V8エンジンが準備されつつあるとのこと。現在、日本では4.0L V6と 4.4L V8 の二本立て。両者を乗り比べれば、さすがに4.4L V8は 排気量なりのアドバンテージを感じる。ただ、純粋に4.0 V6に乗っていても必要にして充分なパワーは感じる。それなのに、更に5.0L V8とは、大排気量V8を好むアメリカらしいニーズだ。

時代はまだ2ndレンジローバーの頃、当時のディスカバリーはシリーズ気らシリーズ兇悵椶衒僂錣辰燭箸海蹇ディスカバリー・シリーズ兇離┘鵐献鵑蓮■横遑筌譽鵐献蹇璽弌爾裡粥ィ娃漫。孱犬汎韻犬發痢F本では、各グレードに装備の違いは設けたが、エンジンはそれ一種類だった。しかし、北米には2ndレンジローバーの4.6L V8エンジンと同じものを搭載したモデルも存在したのだ。日本国内のグレード構成が、ES、XSなどと呼ばれていたころ、アメリカでは「4.6 HSE」が存在していたのだ。個人的にはかなり心をくすぐられたモデルだった。