6e0b21bc.JPG写真は、2ndレンジローバーのリレーブロックを分解したところ。基板上にリレーやフューズが取り付くようになっている。
故障で入庫した2ndレンジローバーの症状は、エアコンのブロワモーターが回らない現象だった。配線をたどっていくとリレーが正常に作動していない。該当のリレーを抜き取ると、端子の周辺の樹脂製のボックスが解けて変形していた。かなり熱を持っていたようだ。リレーが接続される基盤が焼け焦げ、断線していた。これでは電気回路は正常に成り立たない。
では、何故ブロワモーターの回路が加熱したのだろう。考えられる原因はやはりポーレンフィルターの詰り。ご自身の健康のためにも、愛車のためにも早めの交換が必要だ。