f6c5365c.JPGお取引のある商社の営業さんが新商品の営業、いや…相談にやってきた。BMWやフォルクスワーゲン車で装着されているのを時々見かけるメーカーのマフラーだ。オーストリアのREMUS(レムス)というメーカーからランドローバー用のマフラーがラインナップされており、それを売り込みにというよりも、輸入するにあたりレイブリックの意見を聞きにやってきたといったほうが正しいかもしれない。
ラインナップされているマフラーは、レンジローバースポーツ・スーパーチャージド用と、3rdレンジローバーのマイナーチェンジ前(BMWエンジン)用。共に、テールパイプのみの設定だ。
それらは共にレイブリックでDLEマフラーとしてオリジナルで展開してきた車種だけにイメージはつかめ易い。レンジローバースポーツに関してては、テールパイプだけの交換ではおそらくパワーの向上は望めないだろう。ディフューザーパイプ(出口部分)の形状の違いで、若干の音の変化は期待できる。あとはその特徴的なディフューザーパイプデザインが最大のアピールポイントとなるだろうが、これはおそらく好みが分かれるところだろろうと感じた。
3rdレンジローバーの場合はテールのサイレンサーによってかなり音の変化は左右される。レムスマフラーに交換することで(どんな音質・音量なのかは想像つかないが)その変化は多いに期待できる。
いずれにしても、これから輸入の段取りをとるようで、上陸までに数ヶ月は要するようだ。いずれ、何らかのかたちで続報をお届けできると思う。