ブログネタ
+++ ランドローバー +++ に参加中!
7baf52f2.JPG写真は、2ndレンジローバーのラッシュアジャスター。エンジン内部の構成部品で、油圧によってバルブクリアランスを適正に保つための部品だ。2ndレンジローバーに限らず、クラシック・レンジローバーやディスカバリー・シリーズ1およびシリーズ供▲妊フェンダーのV8エンジン車も同様の構造だ。
写真を見ていただくと分るが、奥は正常なもの、手前のものは凹んでいる。この凹みはカムシャフトとの接触によって磨耗したもの。当然、カムシャフトの凸部も磨耗している。
エンジンからカシャカシャ音を立て、アイドリングも不調になって入庫した。原因はオイル交換のインターバルを空けすぎたことかもしれない。
とにかく、こうなってしまった場合の修理方法としては、磨耗したカムシャフトとラッシュアジャスターを交換するしかない。