2e375d2f.JPG昨日に続いて、ボディーケアの話題を。
台風13号の影響で夕方から雨が降りだした。そういえば、数日前にデモカーのディスカバリー3のボディーの手入れをした。塗装面や樹脂部分、レンズやガラスに至るまでクルマの外面のほとんどをコーティングした結果、弾かれた雨が玉になって流れ落ちていく。これは、特に専門業者さんに依頼をして特別なボディーコーティングをしたわけでもない。市販品を使って簡単に施工しただけだ。
使用した材料は、和光ケミカル製のバリアスコート。洗車後の濡れたボディーにスプレーし、付属のウエスで擦り込むように拭き取っていくだけ。とても簡単だ。施工後は、例えばボンネットの上に乾いたタオルなどを置くと、ボンネットの傾斜でタオルが滑り落ちるほど。
施工後、始めての雨が降った。ルーフやボンネットはもちろん、樹脂バンパーにいたるまで、その弾き方は感動モノ。ちなみに価格は1本(約1台分)で3,150円。メーカーによれば、その効果は最大で6ヶ月だそうだが、仮に3ヶ月ごとに施工を繰り返しても年間で12,600円。これは、かなりヒットだ!

バリアスコート