4561cf32.JPGグリーンに浮かび上がっている光は、愛・地球博記念公園の観覧車だ。2005年に開催された愛知万博の跡地に整備された公園なのだが、観覧車を含め、一部の施設がそのまま継承さている。万博開催中は毎晩点灯していた観覧車だが、閉幕後はおそらく消されていた。この光を久しぶりに見たような気がする。最近、遠くにぼんやり見えるこの光を見つけ、「あれ?これって最近また点いたのかな」と思った。例えば、クリスマスのライトアップの企画の一環でこの時期だけ点灯しているのだと思う。どうやら回転はしていないようなので、夜間の特別営業をしているわけでもなさそうだ。
この観覧車は本当に大きい。公園がそもそも丘陵地の高台に位置するため、観覧車の上からは名古屋市内が一望できるほど。そんな巨大な観覧車のライトアップとなれば、ご覧の通り素晴らしい光景となるわけだ。レイブリックにご来店したいただいた際に、ちょっと回り道して観覧車のライトアップが見える場所までドライブなんてものステキかも!