cc78802f.JPG整備のための四柱リフト、その周りに使用頻度の高い工具やパーツを配置することで作業効率を向上させる必要がある。そこで、その柱そのものに収納力を備える工夫を試みた。
柱の外板は鉄板でカバーされている。直接穴をあけてフックなどを付ければ確かに丈夫には取り付く。しかし、使い勝手に応じて位置を変更したりする場合にはその都度加工に手間取るし、やがては穴だらけになってしまうかもしれない。
そこで、まずベニア合板を貼り付けた。最大のメリットは加工しやすいこと。ビスで簡単に必要なものを固定できる。色も違和感がないようにリフトと同じグリーンのペンキで塗ってみた。今回はタイヤエアゲージの吊り下げフックとスプレー缶のホルダーを固定してみた。なかなか使い易い。