2624c868.JPG私の最近のヒットはこれ、クリップ式で固定できる読書灯だ。雑誌や小説などを読みながら床につくのが私の習慣。深夜や朝方に不意に目が覚めたときにも枕元に本があれば再び睡魔が訪れるまでの時間も無駄にしなくてすむ。
これまでは、原始的な方法でペンダントライトに紐を垂らして手を伸ばして点けたり消したりしていた。ベッドサイドにチェストなどを置いているわけではないので、置型の読書灯を使うことはできない。最近、たまたまインターネットでこのクリップ式のものを見つけたので、早速購入してみた。
これがなかなかの優れもの。角度は360度自由に動くので、寝返りをうったときでも、簡単に照射方向を変えることができる。約1時間のタイマー付きなので、読みながら眠ってしまった場合でも自動消灯してくれる。LEDライトなのできっと寿命もスゴク永いだろう。
さて、今夜はどの本を布団に持ち込もうか?!