今ではほとんどのランドローバーにも標準でナビゲーションが装着されている。今日、フリーランダー2で走っている時のこと、ポーン!という電子音と共にモニターに文字情報が現れた。
「ガソリン残量が少なくなりました。地図上に周辺のガソリンスタンドを表示します。」
確か、こんな文言だった。燃料系でも同時にオレンジ色の警告灯が点灯した。
なんとも親切な情報だ。ガソリン残量ともリンクした純正ナビゲーションならではの機能だ。

レイブリックでも未だにユーズドカーとして人気の高い2ndレンジローバーやディスカバリー・シリーズ兇鷲現爐任魯淵咼押璽轡腑鵑装着されない頃のクルマ。既に市販のナビゲーションシステムを取り付けているクルマがほとんどだが、たまに着いていないものもある。そんなクルマを選んでいただいた新たなユーザーさんのご希望でナビゲーションを取り付ける機会も多い。オリジナルのインダッシュシステムを売り出していた時代もあったが、最近ではもっぱらポータブルタイプが人気だ。
7e62cffd.JPGダッシュボード内にきっちり収めたいユーザーさんや、主にテレビを使う方にとっては見やすい位置にしっかり固定する方法をとる。しかし、あくまで地図感覚で使う方にとってはその機能さえ充実していれば取り付け方法は二の次。必要なときにシガーソケットから電源をとり目的地を検索し、ページを開いた地図同様、助手席に置いておけばよい。同乗者がいるなら転がらないように持ってもらっておけばよい。あくまで本としての地図の使い方の延長戦上なのだ。通勤など、知り尽くした地域を走る際には当然必要ないわけで、そんな時ににはグロ−ブボックスに収めておけばよいのだ。

余談だが、サンヨーのミニゴリラというポータブルナビゲーションが出始めた頃は電話番号検索でレイブリックが見つからなかった。小型化するために情報量をかなり少なくしたそうだ。正直なところ、心情的にはレイブリックが表示されない機種を積極的にお客さまにお勧めすることができなかった。しかし、最近のサンヨー製の商品ではちゃんと検索に引っ掛かってくれる。機能的にもそして情報量的にもじゅうぶん充実しているミニゴリラはかなりお勧めだ。