laybrick_katoblog_216aずっと前から欲しかったシートカッティングマシンを購入した。パソコンに繋いでプリンターのように使うタイプ。簡単に切り文字ステッカーができる。

学生時代、仲間内で「クラブ」のようなものを作った。ただ、何台かで連なってドライブをするときに、皆で同じステッカーなど貼ったらカッコいいという程度のもの。クラブができてステッカーを作るというよりは、ステッカーを貼りたくてクラブ名を決めたというほうが正しいだろう。そして、貧乏学生としては自力でステッカーを作るのは当たり前。およそ四半世紀前の切り文字ステッカーの作り方はこうだった。

,泙坤蹈瓦鬟妊競ぅ鵑垢襦これはラフスケッチの繰り返し。
∧眼紙を使って定規とコンパスで文字やロゴマークを描く。パソコンどころか、ワープロですら普及していない時代。活字は新聞の文字を真似てレタリングするしか方法はなかった。
4粟した一枚の原稿を文房具屋で何枚かコピーする。そしてカッティングシートを購入する。
ごの上にカティングシートを広げ、セロテープで四隅を貼り付ける。その上から原稿のコピーを重ねて貼り付ける。
イ△箸蓮原稿に沿ってカッターナイフで切る。全て手作業。

laybrick_katoblog_216bこんな具合で作っていたオリジナルステッカーも、今ではパソコンに繋いで数分でできてしまう。さっそく何枚か作ってみた。パソコンが持っているフォントが全て使えるので、イメージの活字が思いのまま!夢のようだ!