先日取材を受けた記事が載る雑誌(4X4マガジン/4月号)が26日に発売される。今日、一足先に見本誌が届いた。発売前なので、内容については多くは語れないが、予告編として少しだけ紹介しよう。
レイブリックが取材を受けたのは今月号の特集記事。その内容は、ズバリ「中古車」!「こんな時代だからこそ、今が狙い目!」まあ、そんな内容だ。
レイブリックでは、その3rdレンジローバー編を担当したわけだ。取材は2月5日だった。その後、記者がネタを編集部に持ち帰ると編集部内でも「ええ〜!このレンジローバーがこの値段で買えちゃうの?!」とかなり話題になったとか。もっとも、それはレンジローバーに限ったことではなく、例えば国産四駆でも同じこと。
ああ、あれこれ書きたいところだが、なにせ発売前!これぐらいにしておかないと出版社からお叱りを受けてしまいそう・・・。

7d1d56cd.JPGさて、3rdレンジローバーの記事の中で、私がその魅力をアピールしたかったのは「シート」だった。アピールしたかった=つまり好きな部分なのだが、これは3rdレンジローバー特有のものでもない。2ndレンジローバーでも、ディフェンダーでもそうだが、ランドローバーのシートは私の体に合うものが多い。もちろんユーザーさんからもそんな話をよく聞く。レザーのしっとり感や、包み込まれるようなホールド感、しかし柔らか過ぎず、かといって固過ぎず。長距離でも山道でも疲れないのが良い。
3rdレンジローバーのオックスフォードレザーは、これまた独特のしなやかな感触を持つ。実は、その感じをなんとかして紙面でうまく表現してほしかったのだが、残念ながらシートの写真は私が想像した以上に小さかった。ただ、文章では「モッチリとりた質感」という記者なりの素敵な表現がされていてこれには思わず笑みがこぼれた。取材当日、撮影場所へ向かうとき、私が運転し記者は助手席に、後部座席にはカメラマンが乗り込んだ。どうやら、彼らはその間にお尻であるいは背中でモッチリ感を味わっていたようだ。そう、まさにモッチリだ!これは営業トークで使わせていただこう!