2dcb3602.JPGこれについては無責任に多くを語れないほど各方面で物議をかもしてきた。私自身、給付について賛否を問われれば、その両面を持ち合わせているのも事実。
とにかく、数日前に給付の案内が届いた。実際に世帯あたりの給付額を目の当たりにすると、その金額に相当するあるモノが思い浮かんだ。
今日、ひとりのスタッフとこの話題になった。さっそく必要事項を記入して送り返したとか。彼の使い道はお子さんの自転車購入資金だとか。政府からすればきっと絵に描いたような模範的な消費方法だろう。私なんぞ、給付額を見て「もうじき支払うことになる自動車税に似た金額だなあ」と思ってしまったわけだ。「収めるべき税金が行って来いってことか?」てな具合いだ。
いずれにしても、どうせ消費するなら楽しく使ったほうがいい!納税も大切なことだが、残念ながらワクワクすることでもない。それなら、二の足を踏んでいた名門ゴルフコースをラウンドするとか、容量不足を感じてきたiPodをグレードアップするとか。ガソリンスタンドの洗車プリペイドカードに投じて、110%分に膨れ上がらせる方法もある。昨日、中華料理店で躊躇してしまった北京ダックやフカヒレを次の機会に注文するってのもいいかも。
うん、徐々に楽しくなってきた!