数年前からルーフキャリアの形状が、それまでのスクエアバー(断面積が長方形)からエアロバー(同楕円形)にシフトされていた。これは、事故時の歩行者保護などを目的にした保安基準である外部突起物規制によるもの。パーツメーカーはその対策を講じていたのだ。
先日、パイオニア製バックカメラを取り付けた際に、エンジニアが取付説明書に書かれていた注意書きに気がついた。平成21年1月1日以降に新規登録された車両にたいしては取り付けが不適合とのこと。突起物が付いていては保安基準を満たさないというのだ。
恥ずかしながら、レイブリックではこの時点で初めてこの件について詳しく調べたのだった。その結果は、「え〜?これでアフターパーツの用品メーカーは成り立つのか?」という極端なものだった。アンテナやバックカメラ、キャリア、補助灯、バイザー、アンテナ、エアロパーツなどで、基準以上の突起形状は認められないとのこと。当然、車検も通らない。これでは、取り付けられるパーツはかなり制限される。
もっとも、その基準は後付けパーツだけに対するものではなく、そもそも車両そのものが基準を満たしていなければならないのだ。そのため、ラジエターグリルやワイパーでさえも、基準以上の突起形状は許されない。これはデザイン面でもかなり制約を受けることになる。フェンダーの折り返し部分やサッシの段差でさえも例外ではない。ジャガーやメルセデスなどのボンネットマスコットもNGになる可能性もある。。

b6178ef6.jpg現段階では、レイブリックでは2009年以降に新規登録された車両に対する用品取付の機会はないが、今後は必ず対象のクルマも入庫すだろう。しっかり把握しておくひつようがある。
角が鋭利な形状をしているナンバープレートもその対象なのだろうか?これも確認しておく必要もある。