549a89de.JPG2階の部品棚が完成した。これだけの棚を作ったところで収納力そのものは従来のスチール棚群のそれと大して変わらないだろう。しかし、ここにパーツがビシッと収まったときの見栄えが違うはず。そして、部品を探しやすい。つまり管理をしやすい。
開業当時から在庫部品が増えるつれて必要に応じて買い足してきたスチール棚ゆえに、デザインやサイズもまちまち。それらを並べたときのカッコ悪さが嫌だった。ココにすっきり収めて、できるだけ早くスチール棚を撤去したい。今日は現場のメカニック自身が仕事の合間を縫って自分たちが使いやすいように部品を収めはじめたところ。ひとつまたひとつと、スチール棚が空いていく過程が嬉しい!