d81ad4b7.JPG写真は3rdレンジローバーのドアトリムの一部。樹脂に対してグレーの塗装が施されている部分だが、何年か経つとこのように塗装が浮いてくる例がある。乗り降りするたびに目に留まる位置なので小さな変化でもとても目立つ。塗装をしなおすか、いっそ交換するか?迷うところだ。現在の価格設定だとコスト的には交換したほうがメリットがある。しかし今後、何台も繰り返し交換作業を行う必要性がでてくるようなら、何らかの対処法を考えなければならないだろう。
それにしても、レンジローバーの内装に関していえば、レザーやウッドの品質や耐久性は抜群によい。それゆえ、こんな些細な劣化はほんとうに残念である。