d6c0d781.JPGここはレイブリック社屋の真裏。このスペースを見たことのあるお客さまはほとんどいらっしゃらないだろう。スタッフでさえここが今どういう状態なのか知らないはず。それぐらい立ち入る必要のない場所である。
当然のことながら、この季節になれば雑草が生い茂る。今シーズンに入って3度目の草取りをしようと裏へ回りこんだ。すると、雑草に混じって薄紫色のアサガオが咲いていた。植え込みのツツジに絡みつきながら成長しはじめている。運よく金網に近い蔓は空に向って成長しているが、やむなく地面を這うように蔓を伸ばしているものもある。
種を蒔いたわけでもないので、ここで咲いたのはほんとうに偶然のことだろう。せっかくなので、アサガオを残すように雑草だけを取り去った。しかし、伸びる方向を見つけられないままのアサガオというのはなんとも物悲しい。蔓が伸びやすいように竿でも立ててやろうと思ったが適当なものが見つからなかった。ここで花を咲かせてくれたのも何かの縁。せっかく元気に育っているので早いうちに対策をしてやろう。