レイブリックのデモカーの一台に再びレンジローバー・スポーツが仲間入りした。過去にも2006年から2008年の2年間、ザンベジ・シルバーのレンジローバー・スポーツをデモカーとして使い、ホイール、マフラー、ブラインドモニター、カーボン調パーツなどを開発してきた。レンジローバー・スポーツも今秋にビッグマイナーチェンジが行われる。なのに、この時期にどうして再び初期モデルのレンジローバー・スポーツを?という疑問を抱かれるのは当然だろう。理由は特にない。つまり、単純に私がヴェスビウスのレンジローバー・スポーツに乗りたかったからである。笑

先に申し上げたとおり、今回導入したレンジローバー・スポーツは2005年の秋に発売された初期モデル。モデルイヤーは2006年。しかし、2006年1月の正式発売に先駆け、2005年に「ファーストエディション」限定車という名目で70台が発売されたモデルなのだ。その時のボディーカラーは、ジャバ・ブラック、ザンベジ・シルバー、そしてヴェスビウスの3色。各何台かの内わけか定かではないが、単純に3等分すればヴェスビウスは日本で二十数台ということになる。ジャバ・ブラックとザンベジ・シルバーは、その後の通常発売モデルでも継続して発売されているが、ヴェスビウスは通常発売モデルではカタログからは消滅した。
全国で20台余しかない。個人的にヴェスビウスにお目にかかった経験は、発売当初に近所のディーラーさんのショールームで一度、レイブリックに用品の取り付けでの入庫が一台、たったそれだけである。
カッコいい!いつか乗りたい!そう願ってもなかなか都合よく手に入るものではない。いつか自然に巡り合えるときにはそれが「縁」だと思って所有することにしよう!ずい分前からそう想い続けてきた。
と、まあ、そんな想いが叶ったわけで、今後はブログにも頻繁に登場することになるのでどうぞよろしくお願いします!

RANGEROVER_SPORTS_VESUVIUS_LAYBRICK帰宅途中でオレンジ色のナトリウム灯の街灯を見つけた。なにもナトリウム灯の下に停めなくてもオレンジ色のクルマはオレンジ色に輝いている!しかし、今は特に「オレンジ色」には敏感になっている。季節にライトアップされた桜や紅葉と同じく、同系色のコーディネイトということでナトリウム灯の下でさっそく記念撮影をした。
カメラの性能は悪いが、写真うつりは大変良い!つまりカッコいい!