gokuri風はすっかり秋。今年の夏は短かった。梅雨明けが遅く、おまけに気温が高い日は例年ほど長く続かなかった。しかし、気温以上に蒸し暑さを感じた夏だった。
この夏、私が大変お世話になった「涼」はコレ。サントリーのGokuriのグレ−プフルーツ味。仕事を終えて蒸し暑い部屋に帰ってくると大きめのグラスを取り出し、氷を満タンにする。そこへ既に冷やされたGokuriを注いで更に冷やす。そしてクーーーーッ!っと一気飲み。私はお酒を飲まないので、まんざらビールの代わりといったところ。ケースで買い置きをして毎日飲むなど、幼少の頃にお米屋さんが届けてくれたプラッシー以来かもしれない。