Before10月の改装時に新調した商談ルームの応接セット。営業スタッフからこのテーブルに関してちょっとした問題があることの報告を受けた。
木目の溝にボールペンが引っ掛かり、文字が書きにくいというのだ。談話をしてお茶を飲むだけの応接セットなら問題はないのだが、ここは契約を交わすなど、お客さまの人生においてとても大切な署名をしていただく場所でもある。そんな矢先にペン先が溝に沿って思いもよらない方向に進むなど、考えてみれば縁起でもない出来事だ。
ガラス天板を置くことも考えたが、掃除などでテーブルを移動する際などには不便である。そこで家具職人さんに相談した。そして木目溝がない固い化粧板を上から貼り付けることにした。

BeforeAfter昨日、営業時間終了後に家具屋さんに持ち込み、定休日である今日一日で加工していただいた。全く同じ木目調にするつもりはなく、他の家具やインテリアとのバランスで、従来よりも赤みを弱くしたブラウン系にしようと思った。化粧板のサンプルを見ながら慎重に色の濃さや木目を選んだのだが、出来上がったものは私がイメージした色よりも若干明る色調の仕上がりになってしまったがやむを得ない。5センチ角という小さなサンプルから仕上がりをイメージすることはやはり困難である。
しかし、これで木目溝にペンをとられることもなくなるだろう。これで、商談でこのテーブルに着いてくださったお客さまには、契約書にスラスラと署名していただけるようになったはず。みなさん、スラスラとお願いします。<(_ _)>



今日はお休みなので音楽の話をたっぷりしよう。

思い出に残っているの読者の方もいらっしゃると思うが、1986年と翌1987年の2度に渡り、クリスマスのためだけに組まれた特別な音楽番組があった。Merry X'mas Show と名づけられたこの番組は、泉谷しげるさん、桑田さん、ユーミンさんの3人の呼びかけで集まったアーティスト等による豪華セッションの2時間の生中継番組だった。
こんな素敵な番組が毎年続けばよいと思ったが、やはりこれだけのメンバーを取りまとめるのは大変なのだろうか、たった2年で消滅した。それゆえに幻のセッションとなり、私の心の中ではこの番組で発表された音楽が今でもとても大きな存在となっている。
1986年は、何気にテレビを点けていて偶然観ることができた。しかし、準備をしておかなかったのでビデオに撮ることができなかった。翌年はしっかりテレビ欄でチェックし、VHSで録画をした。しかし、そのテープは度重なる引越しで見当たらなくなってしまった。他の全てのビデオテープは諦めがつくが、これだけは失いたくなかった。
幸いにも現代には動画サイトが発達している。YouTubeなどを開発された方、そして動画を保存しておりサイトに投稿してくださる方に感謝。

さて、2年に渡る番組で行われた多くのセッションは、どれが一番などと順位をつけられないほど素晴らしいものばかりだった。その中であえて「今日の一曲」を選んでみた。

青い影/前田亘輝さん(TUBE)
竹田の子守唄/坂崎幸之助さん(THE ALFEE)
LET IT BE/鈴木聖美さん
FALLING IN LOVE WITH YOU/鈴木雅之さん

この4人によるアンサンブルは呼吸をするのも忘れてしまいそうだった。
ちなみに、このミックス曲の発案は山下達郎さん、プロデューズは小林武史さんによるものだったらしい。

では、YouTubeで見つけたその曲をみなさんも聴いてみてください。(どうかサイトから消えないでほしいです)
そして、Merry X'mas Show で行われたそのほかの素敵なセッションも是非観てみてください。