CA392505この特殊車両は、LLC(冷却水)の回収車。LLCは自然分解しない液体である。そのため、エンジンから抜き取った古いLLCは排水せずに回収用のタンクに溜めておく。そして、時々こうして回収業者が吸い取りにくる。もちろん有料。コストを掛けてでも環境を保全する時代であることは今更いうまでもない。

私自身、まだまだその取り組みは不十分だと思うが、それでも最近特に環境に対して意識しているのが「リデュース」だ。ゴミを出さないこと。
ゴミを減らすために、まず心がけていることは、不必要なものを貰わないこと。タダだからといって不必要なものを貰えば、ほぼ間違いなくゴミになる。

会社では、マイ箸、マイカップを使っている。以前は洗面所ではペーパータオルを使っていたが、現在は普通のタオルを洗濯して使うようにした。事業ゴミの回収料は月単位での契約であり、特に大掃除などで大量のゴミが出たとき以外は定額の契約である。だからといって、ゴミをたくさん出してもよいはずはない。

今後、廃棄物の処理には更にシビアに取り組んで行こうと思う。



今日は一日中冷たい雨が降り続いた。少なからず、こんな天気と関係があると思うが、こんな日は気持ちが安らぐ穏やかな音楽がよい。
このアーティストの音楽は、いくらアップテンプの曲であっても、どこか穏やかさを感じる。きっと、そういう声なのだ。
もし、自分の声を選ぶことができるなら、私はこの人の声が欲しい。
今夜は、秦基博さんで「僕らをつなぐもの」。