CA392615ボナティー号は快調だ。もっとも、レンジローバー・スポーツと交代で乗っているので、距離はさほど伸びていない。とはいえ、ボナティー号を取り巻く様々な出来事を「ボナティー日記」として記事にしたいのに、何も起きないではネタにもならない。
そんなことを考えながら、「ボナティー号、ノントラブル!ホイールもキレイに・・」などと、ブログをイメージして他愛もない文章を思い浮かべながら洗車をした。

CA392616洗車が終わり、エンジンを掛けた。すると、アイドリングが「ドッドッドッドッドッドッ」と震えて安定しない。点検すると、2番と3番のシリンダーが失火している。昨年12月にも同様の症状が起き、そのときは4番と7番用のイグニションコイルを中古品に交換した。今回は隣のコイルが原因だった。またまた中古パーツで処置。
このイグニションコイルは、ブラケットを介して4個のコイルが一体になってパーツ供給される。しかし、コイルひとつひとつには確かにERR2972と書かれている。パーツリストに載っていないだけで、実はこの品番でオーダーすると何事もなかったようにパーツが届いたりして?などと探ってみたが、やはり「該当のパーツナンバーは存在しません」という回答が帰ってくる。
ただ、バラバラで供給してさえくれれば、多くのユーザーさんが救済されることは間違いなのに・・。

【2010年4月18日 走行距離 167,313m】
■ イグニションコイルのひとつを交換(中古品使用)