BlogPaint今日は自動車保険について。
例えば、クルマを買い換えた時には「車両入替」といって、保険に掛かっているクルマを入れ替える手続きを行う。しかし、一時的にクルマを手放す場合、例えば等級(割引)が進んだ契約でも解約することになる。せっかく割引が大きい保険なのに、やがてまたクルマを買った時に新規で契約をするのはもったいない。
そんなときのために、「中断特則」というシステムがある。
クルマを売却したり、廃車にしたり、あるいは盗難されてしまった場合など、しばらくクルマに乗ることがなくなったときに「中断証明書」を発行しておくのだ。この中断証明書は10年間有効である。
写真の中断証明書は私のもの。平成22年4月12日に、最高等級の20等級の保険を中断した。10年以内に再びクルマを増やす際に、これがあれば中断したときと同じ20等級(60%割引)から再開できる。これを知らなければ、再び割引がないところから始めなければならない。
海外出張など、海外渡航の場合にも適応できる。クルマをずっと日本に置いたまま、帰ってきたときに同じ等級から再開できるのだ。
知っているととてもメリットが大きいサービスだ。