CA3H0142レイブリック・オリジナルアルミホイールのウィンドストーム、そのブラックポリッシュをボナティー号に付けてみた。このホイールを付けてくださったお客さまでジャバ・ブラックのレンジローバースポーツのユーザーさんがいらっしゃるのだが、その組み合わせがとてもよく似合っている。ボナティー・グレーの2ndレンジローバーでも近いイメージになるのではと、前々から感じていた。
たまたま、中古タイヤで255/50R19という珍しいサイズが手に入った。これはレンジローバー・スポーツと、2ndレンジローバーやディスカバリー・シリーズ2にピタリの外径なのだ。ヴェスビウスのレンジローバー・スポーツのデモカーはスーパーチャージドモデルでパワーがあるので、タイヤのスペックを落とさないほうが望ましい。そこで、2ndレンジローバーに取り付けることにしたというわけ。
あいにくの雨降りでよい写真が撮れなかったのが残念だが、かなり雰囲気が変わったのは分かっていただけると思う。スポーティーさが演出され、なかなかいい感じ!またまた乗るのが楽しくなりそうだ。


【2010年6月27日 走行距離 168,012km】


曲にしよう。名古屋の梅雨らしくとても蒸し暑い一日だった。雨も降り続き、午後には大きな雷が鳴り響いた。その瞬間だけは夏の昼下がりの夕立の様相だった。
今夜は財津和夫さんの曲を。「虹とスニーカーの頃」。