CA3H0271レイブリックに入庫してきたフリーランダー2のリヤウインドにこのようなステッカーが貼られていた。このクルマを工場で生産する際、このクルマの72,000kmの走行分に相当するCO2排出量を既にオフセットしているという。
センスのよいステッカー一枚によって、今日一日、私がこうしてCO2オフセットについて考えることができたわけだ。燃料費を節約するなど、コストを削減することでダイレクトにCO2オフセットにつながることもあれば、逆に地球環境のために必要なコストをかけなければならないこともある。エアコンのフロンガス回収装置も高価な機械だったし、業者によって有料で回収してもらうLLCもそう。
この機会に、更に一歩踏み込んでCO2オフセットや環境保全について考えてみることにしよう!