1c33367f.jpgオートクラフトで制作中のクラシックレンジローバー、その塗装工程の様子である。
私が自動車業界に就い22年。その間、塗装あるいは板金という分野の仕事をしたことはただの一度もない。缶スプレーで小さなパーツの色を塗るのがせいぜい。お客さまにサービスとして提供できるだけの技術を身につけることはこの先もないかもしれない。プロとして美しい仕事をする自信がないと言ったほうが正しいかも。
690a330c.jpgしかし興味はある。こうしてスタッフの仕事ぶりを長時間見ていても全く飽きない。ガン見されていると彼らも仕事がしにくいかもしれないが、正直なところ「会社の目」で見ているわけではなく、ただのギャラリーなのである。(笑)
営業をカジる程度に経験し、短期間だが濃厚なメカニック時代も過ごした。それぞれを極められたとはとても言えないが、自動車業界の両輪分野の経験を活かしてレイブリックを運営してきたつもりだった。しかし、まだまだ枝分かれした様々な分野が数多くあることを改めて感じている。
レイブリックでしかできないこと、あるいはオートクラフトでしかできないこと、その全ての技術を集約しても完璧なフルレストアを内製化で行うことはできない。
今は不可能なことがたくさん、つまり残されている可能性もたくさん。まだこれからいろいろな経験ができそうだ。