CA3H1279レイブリックが仕入れてきた商品車の2ndレンジローバーをメカニックが点検したところ、左リヤのブレーキ回りだけが異常に錆びていた。どうしてここだけ?というぐらい極端に錆びている。絶妙の角度でここだけ海風でも当たっていたのだろうか。キャリパー、ローター、バックプレートは交換したほうがよさそう。

そういえば、1999年から2000年ごろだったか、こんなことがあった。何台かの2ndレンジローバーで、きまって左側のホイールが前後とも外れないのだ。ホイールナットを外しても、ハブが錆びてアルミホイールとしっかり貼りついてしまい、手で揺すったぐらいではビクともしない。何度も蹴飛ばしてようやく外れるものもあれば、それでも頑固に外れないものもあった。そんな場合には、荒業だが、ホイールナットを緩めに仮留めし、一旦リフトから降ろし、車重を掛けた状態でクルマを揺すってその衝撃で外したりした。
噂では、愛知県豊橋港に陸上げされたあと、海沿いのモータープールに何ヶ月も在庫されている間に海風に当たる側がひどく錆びてしまうのでは?と。片方だけの足回りが錆びるということは、噂はまんざら本当だったかもしれない。
今回は一輪だけなので少し状況は違うかもしれないが・・。

とにかく、錆はクルマの大敵!発見したからにはしっかりと対策しておく必要がある。



さて、今夜のクリスマス曲はサザンにしよう。
22か23才の時だったか、確かこの曲は高校時代の同級生の結婚式の余興で友人と二人で歌った。だいたいサザンの曲のデュオをやる場合、「俺どっち?桑田?原坊?」なんて即興で打ち合わせて弾き始めたものだ。このとき私はきっと原坊パートだった。ちなみに、私はよくハモリパートを担当した。CHAGE & ASKA の場合にはチャゲ、チェッカーズの場合には高杢パートを歌うことが多かった。

そういえば、結婚した同級生今夜は当時ではまだ珍しかった「できちゃった婚」だったっけ。どうでもいいことだが・・。
今夜はサザン・オールスターズで「シャ・ラ・ラ」。