CA3H1396会長の手によって修復されていたダッシュボードのウッドが出来上がった。
私は6月にオートクラフトの役員に就いた。その少し前、会社の定款を見たときのこと。かなり上位に「木工加工」に関する項目があるのを見て驚いた。例えばレイブリックの場合、「自動車販売」「自動車整備」「自動車部品販売」「損害保険募集業務」といった、自動車販売整備業者としてはごく当たり前の項目ばかり。それがオートクラフトの場合には「木工加工」なのである。自動車業者なのに・・。
ずっと以前から、オートクラフトの「大橋さんのcraft」には注目していた。そして、定款を見たときも、どこまでの木工加工を自身で行っているのかは正直知らなかった。まさか、ここまでやってしまうとは、恥ずかしながら一緒に仕事をするようになって初めてその実力を目の当たりにした。
英国の伝統技術に全く引けを取らない。会長は福島弁を喋る英国人なのかもしれない。ついでにレザーの縫製もできないものかな。笑

私の木工加工のレベルといえば、せいぜい棚などを作る日曜大工レベル。営業体制が落ち着いて時間的な余裕ができたら、そのときこそ本当の意味で大橋に弟子入りしよう。



クリスマス・イブの今夜は浜田省吾さんの曲を。少しまえに紹介した曲なのだが、私の記憶のなかのクリスマス曲の中ではやはりこの曲の存在が一番かも。なので今夜もう一度。
ニューヨークへ旅立った大切な人を空港で見送ったところから始まるこの曲。今なら羽田もありうるが、省吾さんの言う空港は成田のことかな。私は成田へは電車でしか行ったことがない。一度成田へドライブに出掛けてみようかな。
今夜は、浜田省吾さんで「MIDNIGHT FLIGHT −ひとりぼっちのクリスマス・イブ−」。