今日は、レイブリック、オートクラフト共に仕事納め。昨夜東京へ移動し、朝はオートクラフトで挨拶。6月から私が加わり、9月から神田スタッフがレイブリックから転籍、オートクラフトとして車両販売を開始した。中古車を商品に仕上げるという新たな取り組みは、それまで当たり前のように整備に従事してきた者にとっても予想以上に困難な作業だった。例えば、車検を通すための整備と、納車をするため整備は大きく異なる。異なるというか、車検整備レベルでは、全くといってよいほど納車するに相応しいランドローバーに仕上がらないわけで、まずそれを理解し、そしてその未知の領域に戸惑った。時間ばかりが過ぎて、なかなかOKレベルに達しない。深夜までの残業を続けることもしばしば。ある意味では体力と精神力との闘いだった。
もちろん、現在もまだそんな取り組みの真っ最中、しかし、向かう先への手応えは各自がしっかり感じているように私には見える。とにかくお疲れさま。年末年始にはしっかりと心身のリフレッシュをし、新年も一緒に頑張ろう!

夕方の新幹線で名古屋に向かった。結局レイブリックにたどり着いたのは夜7時。レイブリックの納会を近くの焼肉店で行った。レイブリックとしては、6月から私が東京へ行き来するようになり、留守がちになった。9月には営業スタッフが減員した。そんな状況下でも「それだからって業績を落としてたまるか!」と歯を食いしばって頑張った。スタッフのそんな様子はたとえ東京に居たって感じることができた。自然に仕事の範囲は広がり、こなさなければならない絶対的な仕事量が増えた。そして克服しつつある。改めて、スタッフ個々のポテンシャルを感じた。
納会ではよく食べてよく喋った。8日間の連休で、しっかり骨休みをしてほしい。お疲れさま。

オートクラフトにとっても、レイブリックにとっても激動の年だった。なんとか乗り切れた。とにかく乗り切った。感謝しなくてはならない人はたくさんいるが、今日はとにかく、スタッフ全員にありがとう。


曲にしよう。今夜はややこしい説明は必要ないかな。
いきものがかりで、「ありがとう」。