品川のマンションで宅配ロッカータイプのクリーニングサービスが始まった。数ヶ月前に案内チラシが入っていたが、引越しの際にアイロンを購入したので、ボタンダウンシャツのプレスはなんとか自力で頑張ってきた。しかし、洗濯のタイミングと、名古屋との行き来のタイミングが狂うと、次に品川に戻ってきたときに一枚もアイロンが掛けられていないことがある。それが、最終の新幹線で品川にたどり着いたときなどはさすがに気が滅入る。例えば、昨夜もそうだった。

drycleaningそんなわけで、今日、早速宅配クリーニングを申し込んだ。ボタンダウンシャツ一枚250円。これまでどおり自分でアイロン掛けをすれば助かる経費である。しかし、その分違うところにエネルギーを注ぐことで帳消しにしよう。
さっき、シャツを3枚ロッカーに放り込んだ。出来上がりは来週の火曜日。その間、一度名古屋へ行くので、次にマンションに戻ってきた時には出来上がっている予定。
きっともうアイロンは使わなくなるだろうなあ・・。


さあ、アイロン掛けから開放されたところで曲にしよう。これで少し品川のマンションでギターを弾く時間が出来るかな。
この曲は原曲を聴いた回数よりも、きっと自分で弾き語った回数のほうが何倍も多い曲。弾き語ることが、歌をうたうことがそれほどまでに気持ちいい曲。
今夜は斉藤和義さんで、「歌うたいのバラッド」。