今日はレイブリックに出社。午後、ご夫婦でご来店してくださった2ndレンジローバーユーザーのお客さまに挨拶をすると、ご主人がおもむろに両手で紙袋を差し出した。
「どうぞ、お納めください!」
RANGE STORMER伴った笑みがやけに自信ありげ。さっそく袋の中身を見ると、それはヴェスビウスのレンジローバー・スポー・・・?? いや!RANGE STORMER CONCEPTだ!
2,004年、私がデビュー前からド肝を抜かれていたレンジローバー・スポーツのコンセプトカー「レンジ・ストーマー」ではないか!
いやあ!これは嬉しい!
奥さまがショッピングセンターのレジの前にぶら下げられているのを発見。ご自身の分とあわせ、レイブリックの分も余分に買ってきてくださった。

ミニカーは探そうと思ってもなかなか見つからないもの。おおよそ1/60ほどの、いわゆるトミカサイズのミニカーとなれば余計に難しい。なぜなら、今回の「レジ前」のように、ひょうんなところで見つかることのほうが多いからだ。コンビニのお菓子コーナーにあったり。
今回のストーマーも、ミニカーとして売られているのではなく、ガムとそのおまけとして売られているもの。発売元はお菓子メーカーのカバヤ。
そして、奥さまはカバヤに電話をし、在庫があれば大人買いをしたい旨のお願いをしたのだと。しかし、残念ながら、車種指定での出荷はできないとの返事だったそうだ。

仕事が終わり、さっそくガムをいただいた。・・・って、そんなこと今日は問題じゃないですね。
それでも、偶然にもレンジ・ストーマーを採用されたお菓子メーカーのカバヤにリスペクトする意味では「今日のスイーツ」カテゴリーに入れさせていただこう。
子供向けの懐かしい甘さのガムでした。
ごちそうさまでした。