レイブリックのゴミ箱これは、レイブリックのピットのゴミ箱の中。ゴミ箱の中は、ご覧のとおり更に小さなダンボールで分類されている。これは整備をしたクルマごとの交換部品。修理や車検、納車整備で取り外されたパーツである。これらは、お客さまにお引渡しをするまで捨てずに保管しておく。整備や修理の内容を説明する際に、必要に応じて見ていただくことがあるからだ。レイブリックのゴミ箱の中から
例えば、ステアリングのボールジョイントのブーツが破れていて・・、なんて説明する場合でも、このように見ていただけば一目瞭然である。
完全にゴミにするのは、納車が終わってから。今日も、事業ゴミの回収日だったのだが、まだ納車が済んでいないクルマのパーツだったので、このように残されているわけだ。