レイブリック ディフェンダー幌職人が動きはじめた。
ロールケージは間違いなくディフェンダー90用、そして幌もディフェンダー90用。しかし、ロールケージと幌がマッチしない。この問題が発覚したのは、オーダーから3ヶ月待ってようやく幌が届いた昨年7月のこと。幌を修正する前にロールケージの手直しをしたほうが良さそうということで、ロールケージを切断そして溶接できたのが昨年12月だった。
そのロールケージに合わせるように幌を修正する必要がある。そして、ようやく幌職人が動き始めた。ロールケージに巻きつけるようにマジックテープを設けるところやボディーにボタンで留める位置を確認、余っているところを切り、足りない部分を縫い足して・・・、今日は実車で採寸。白い色エンピツで幌に印を書き込みながら細部をチェックしていく。
今日は幌を工房に持ち帰り、それらを修正するとのこと。およそ一週間で形を整え、クルマに合うように修正してもらう予定。それが終わると、車体とのドッキングの細工に入る。ボタンを付けたり、ベルトつなぐ金具を取り付けたり。まだまだ試行錯誤が必要かもしれないが、見ている限りでは完成はもうすぐそこまで来ているように感じる。
この寒さが和らぐ頃にはデビューできるかも!

ランドローバー専門店レイブリック寒さといえば、今日の雪は予想外。とにかく、今年は寒い。天気予報によれば明日からは少し気温も上がるようだ。この冬の寒さも今日が峠かな。もう春にしようよ!秋にスタッドレスタイヤを仕入れたときには雪乞いをしていたのに、ここまで雪が続くとさすがにもう勘弁してほしいと思う。ずいぶん都合がいいことは分かっているのだが・・・。
今日も軒先で棚作りのための木を切ろうと思っていたのだが、吹き込むぼたん雪と突き刺すような寒さに負けた。今日はメージャーとノートを持ってピット内をうろつき、ひたすら空中作戦の構想を練り、それをスケッチに描いて図面にした。
明日から再開しよう。


曲にしよう。
今日の雪は直径が5cmはあろうかというほどのフワフワのぼたん雪。少し湿気を含んでいる割には空からゆっくり舞ってくる。そのスピードにもの悲しさを感じた。
この曲のプロモーションビデオは雪の中の寂しい物語。曲の歌詞とはリンクしているとは言えず、映像は単独でストーリーが構成されている。曲といえば、決して悲しくて泣けるものではない。むしろ美しくて泣ける曲。
今夜は、Mr.Childrenで、「HERO」。