CA3H1916今月下旬の稼動を目指して準備をしているセカンド・ファクトリー。その床の塗装工事が終わった。工場の入り口は北側なでの、工場内に直射日光が差し込むことはない。そんなこともあって、色は明るいベージュにした。
この色を選んだとき、工事業者から「きっとこの色は汚れが目立つけど大丈夫か?」と聞かれた。キレイに見えて実は汚れている床よりも、少しの汚れも目立つ床のほうが清潔感が保ててよいのではないかと思い、この色を選んだ。

CA3H1763レイブリックのピットの床も明るいグレー。毎日メカニックがモップ掛けをしているが、隅のほうを中心に黒ずみが目立ち、塗装の剥がれも目立つようになってきた。こちらもそろそろメンテナンスの必要がありそうだ。ゴールデンウィークやお盆の連休を利用して塗装工事を行おうか、一度検討してみよう。