レイブリックとオートクラフト、共に今日が連休明けの初日。私は昨夜、名古屋から東京に移動した。昨夜の新幹線はさすがに混んでいた。一昨日、ネットで空席情報を確認したときはまだガラ空きだった。昨日の昼、念のために空席情報を確認したら、なんと22:10名古屋発の最終までビッシリ「×」マーク! ヤバイ! 新幹線を諦めて東名高速で?とも思ったが、渋滞もハンパじゃない。迂闊だった・・・。
道路交通情報と新幹線の空席情報をネットでうろうろしていると、時々、新幹線の空席が「△(残りわずか)」マークに変わることがあることに気がついた。慌てて新幹線のEX予約サイトからチケットを購入しようとするのだが、最後の確定ボタンをクリックする時には再び満席表示に変わってしまっている。自動券売機や、みどりの窓口で、刻々と変わる情況がリアルタイムにネット予約画面にも反映しているようだ。
それでも何度も何度もトライ。徐々に画面展開にも慣れてきて、空席を確認してから数画面を経て確定ボタンに至るまでの時間が短縮されていった。
そして、何十回も試みてようやくチケットが確保できた。パソコンの前で30〜40分は格闘していただろうか。とにかく、無事に東京にたどり着けた。

というわけで、連休明けはオートクラフトからスタート。サービススタッフは前後一日を交代で休暇をとっているため、今日は半分の出勤体制。さっそく連休まえからの持ち越しの作業に取り掛かり、気がつけば昼、そして三時のティータイム、そして終業と、あれよあれよと思っている間に夜になってしまったという、不思議な一日だった。
小学生時代の作文のごとく、時系列で、まず何をして、それからコレをして、次にアレをして・・・、なんていう脈絡のないブログになりかけているので、今日はこの辺で切り上げることにしよう。


そんな一日だったのだが、頭の中では最近どこかで聞いたバッハの曲が流れ続けていた。都内はまだ連休の空気が引っ張られていて、どことなく静かなスタート。今夜はそんなペースにピッタリの曲を。
最近、その曲をどこで聴いたのか、しばらくしたら思い出した。昨日だったか一昨日だったか、朝食をとりながら見ていたテレビで流れていた。番組で紹介されていたのはJR九州とNTTdocomoのCM。
JR九州のCMは九州新幹線の全線開通を祝う3分間という超ロングスペシャルバージョン。東日本大震災で各企業のCMが自粛されるまでの3日間に数回しか放送されなかったという作品。これはバッハとは関係ないが、まだ知らない方はせっかくなので是非一度見てみてください。ちなみに、私はこれで何故だか泣けてしまった・・・。「祝!九州九州新幹線全線開」
話をバッハに戻そすと、docomoのCMに使われていたのがバッハの曲だったのである。これは私がどうこう言うよりも観ていただいたほうが分かりやすい。ちなみに私は連続で5〜6回繰り返し観た。
今夜は、「森の木琴」バージョンで、バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」。