今日のレイブリックでの作業はレンジローバー・スポーツにブラインド&バックカメラの取り付け。
私が一人でこもって作業を進めるのだが、丸一日かけても少し時間が足りない。なのでクルマをお預かりして作業を行う。
どんな作業を行うのかオーナーさんは興味があるのだが、さすがに一泊二日の工程に付き合うのは難しい。そこで、作業中はクルマがどんな状態になっているのかを写真に撮っておくことにした。

CA3H2120CA3H2117配線を通すところは、このように内装トリムを取り外す。サイドカメラはドアミラーに組み込む。そしてドアからボディーへと配線を通すため、助手席側周辺のトリムは全て外す。
バックカメラを取り付け、またフロント、サイド、リヤの映像を切り替えるシステム類をトランク左側に納めるため、左リヤ周辺も丸裸状態にする。
ここまで分解しておけば、あとは機械的に機器を取り付けていき、配線を張り巡らすことがしやすなる。

CA3H2122分解といえば、ドアミラーもご覧のとおり。サイドカメラの埋め込み作業のためにはやはり分解が必要。ドリルでドアミラーハウジングに穴をあけ、カメラを取り付けて配線を通す。
老眼でぼやけた視界に悩まされながら、それでも手先に集中して作業をすすめることおよそ7時間、機器の取り付けと配線作業が完了。

ついでに、映像の紹介を。

CA3H2127
リバースにシフトすればナビの画面は自動的にバックカメラの映像に切り替わる。

CA3H2129CA3H2128
フロントとサイドの映像はハンドルコラムに取り付けたスイッチで切り替え。

完成が見えてきたところで、今日の作業はここまで。内装トリムの組み付けは明日にしよう。
それでは、おやすみなさい。