OVERFINCHに「Color coding」というメニューがある。ラジエターグリル、サイドヴェント、ドアミラー、ドアハンドルなど、メーカーによってデザインされた樹脂パーツを、ボディー同色などにカスタマイズすることである。もっとも、OVERFINCHに限らず、同様の工夫はユーザーさんをはじめあらゆるところで自然発生的に始まっており、例えばレイブリックではレンジローバースポーツ発売直後からカーボン調加工なんかも行ってきた。
どこまでボディー同色にあるのか、もちろん、ユーザーさんの趣向によって異なることだが、ボディーカラーによっては同じ手法ではイメージ通りにいかないこともある。これは私の趣味だが、例えば、ボディーカラーがブラックのレンジローバーの場合は片っ端からブラック系にしてもとてもよく似合うと思う。以前、ボンネットとテールゲートの「RANGE ROVER」エンブレムもブラックに同色ペイントされているVOGUEを見たことがあるが、これがかなり格好よかった。

レンジローバー_スポーツ現在、オートクラフトではお客様のご依頼でレンジローバー・スポーツの同色加工を行っている。ラジエターグリル、サイドヴェント、ドアミラーカバーをボディー同色のジャバ・ブラックに塗装。サイド&ブラインドカメラを取り付け、ボンネット左端に生えているブラインドミラーも取り外す。そしてミラー取付けのための穴を埋める。もちろんボンネットの塗装を伴う。さらに、アルミホイールも標準のチタニウムフィニッシュから濃いグレー系のメタリックに変更する。
塗装が伴うカスタマイズを一気に行うプランである。CA3H2148CA3H2158
エアロを付けるとか、ホイールを換えるとか、そうではなく、今回は塗装だけのカスタマイズ。しかし、大きく変身すると間違いなし。
作業は大詰め、完成は近い。オーナーさま、今しばらくお待ちください。


さあ、曲にしよう。
週間天気予報から晴れマークが消えた。いよいよ入梅かな。
雨が続くと気分も沈みがち。行動範囲も狭くなり、活動量も減る。しかし、晴天時との「差」をできる限り少なくしたい。どんな時だって、前向きに考えて、どんどん進んでいかなきゃ!
そんな歌詞を聴くと、単純な私はいとも簡単に勇気付けられる。
今夜は、秦基博さんで「虹が消えた日」。