今日オートクラフトに来店してくださったお客さまは、もう何年も加藤ブログを読み続けてくださっている読者さま。時々、コメントやメールもいただたことがあったが、お会いするのは今日が初めて。
ご来店ありがとうございます。ご挨拶をすると、「実物のほうが男らしいですね!」と笑顔とともに嬉しいお言葉。では、どんなイメージだったのかとお聞きすると、もっと高い声を想像してたのだと。思ったよりも声のトーンが低かったので、それもあって男らしいと感じてくださったようだ。
以前、それも、私の顔や姿がホームページや雑誌紙面に登場するよりももっと前の話、ある取引先の人と初めてお会いする機会があった。それでまでは電話だけのコミュニケーション。その方と初めて会ったときには、両手を体の横で大きく膨らませて「もっと恰幅のいい人だと思っていました」と言われた。今日のお客さまはその逆のパターンだったのかな。
それにしても、嬉しいなあ!ブログの著者の加藤はひとりなのに、きっと読者さまごとに様々な加藤が存在するのだ。もしかしたら、実物の加藤を知っている人でさえも、ブログの中にもうひとりの加藤がいるのかもしれない。
まあ、ミュージシャンがラジオのDJになると別人に思えたりするからそれもアリなのかも。
実物の加藤、ブログの加藤、どちらもよろしくお願いいたします。