DSC_0324レイブリックのメカニックも、もちろん私もよく理解できていないが、フリーランダー2のメーター内に数字と「SERVICE」の文字が表示される。数字は29からカウントダウンしていき、やがて「0」になる。その後マイナスになって進んでいく。それは一日ごとに進んでいく。
これが、いわゆるサービスインターバルの表示なのは間違いなさそうだが、はたしてその間隔が何日なのかは誰もしらない。(探し方が悪かったのか)車両の取扱説明書の中からもその説明は見つけられなかった。メーカーは何日(何ヶ月)ごとの点検を勧めているのだろうか?

私がサービスインターバルの表示を初めて見たのは1992年のこと。フォルクスワーゲンのゴルフ3とヴェントだった。それまではトヨタ車の整備に従事していたが、私の知りうる範囲では当時の国産車にはそのような機能はなかった。しかし、多くの欧州車には既に普及していた。そういう文化なのかな。
フォルクスワーゲンの場合、メーター内の時計の調整用のボタンと、トリップメーターのリセットボタンを駆使してサービスインターバルをリセットしたり、あるいは任意の月数を設定できた記憶がある。

DSC_0325フリーランダー2に専用テスターをつないでサービスインターバルに関する画面にたどりつくと、そこには「RESET」ボタンがあるのみ。リセットすればメーター内の表示は消える。とりあえず、気になる表示が消えてやれやれ。今日のこのフリーランダーのメーター内に再び表示が出ればそれが答えなのだが、だいたい日本には12ヶ月、24ヶ月といった法定点検があるのだからリセットしてから何ヶ月後という概念は関係なく実際のサービスインターバルはやってくる。まあ車検の時に消しておけば間違いないのかな?
とにかく、何ヶ月で再点灯するのかを知ることから始めなきゃ!勉強勉強!