IMG_1615オートクラフトで製作中のクラシック・レンジローバーに、遂にエンジンが載った。というか、私が留守の間に載っていた。エンジンの補機類をどんどん組み付けていって早くエンジンを掛けたいところだが、当初の予定以上に細かな部分までキレイに仕上げ初めているので、取り外してあった補機類をそのまま取り付けていくわけにはいかなくなっている。あるものは錆を落として塗装をし、あるいはバフ掛けをしてから。
と、つまり作業が一気に進んでいかない言い訳にもなってしまうのだが、せっかくここまで来たので妥協をせずに組み上げる以外に方法はない。