IMG_2871

前回の更新から既に4ヶ月が経過。オートクラフトで製作中、正確にはオートクラフト会長の大橋によって製作中のクラシック・レンジローバーと言うべきかも、おそらく、自身もここまで拘っているレンジローバーはないだろう。私も見たことがない。
昨年秋から、年末年始にかけ、大橋は首を痛めていた。とても仕事に集中することができないほどの時もあり、この数ヶ月作業は停滞していた。このレンジローバーの完成を待ってくださっているユーザーさんのためにも、たとえ少しづつでも作業を進めなければと思い、私が他のメカニックに作業を指示したこともあったが、大橋が「これはオレがやる」と譲らない。
2月に入り、作業を再開。徐々にペースを取り戻すも、大橋がこのレンジローバーと向かい合ったとたん、完全にオリジナルの時間が流れ始める。タペットカバーの汚れを落とし始めたと思いきや、バフ掛けを始め、ほぼ丸一日かけてご覧の状態にまで磨き上げてしまった。もう、この世界には誰も入り込めない、そんな空気が広がっている。

この企画がスタートして既に1年4ヶ月、ようやくエンジンが形になってきた。ピストン、コンロッドの重量を合わせ、クランクシャフトの回転バランス取りまで行ったこのエンジン。私自身、早くその実力を確かめてみたい。大橋に程よくプレッシャーを与えながら、それでも焦らず見守ろう。