IMG_2508商品自動車など長期間停めっぱなしのクルマを、いざ始動しようとしてエンジンが掛からないことが時々ある。特に夏場や冬場、バッテリーに厳しい時期になるとそういうことが増える。
そんな場合にはブースターパックが大変役に立つ。普段は100Vのコンセントに繋いで充電させておく。バッテリーが上がってしまったクルマに繋げば簡単に始動できる。とても便利なツールなので、レイブリックでは永年使っているのだが、ブースターパック内のバッテリーも徐々に弱ってくる。寿命はだいたい数年だろうか。最近も新調したばかり。

時々こんなこともある。レイブリックのご近所さんからレスキュー要請が入るのだ。「すみません、そこのマンションの者ですが、バッテリーが・・・」と。もちろん、そんな時には「お安い御用ですヨ!」とばかりに、ブースターパックを持って出動する。 最近のブースターパックには機能も増え、LED照明や電源出力端子なども備えている。災害時にも役立ちそうだ。絶えず満充電状態にしておかねば!