夜、およそ5年ぶりに会うことになった友人と食事をした。そもそも、この再会のきっかけになったのは昨年秋からはじめたFecebookだった。Facebookの投稿で互いが今何に取り組んでいるのかは確認済み。なので久しぶりだったがそんな感じがしない。乾杯するなり、すぐに深い話に突入できるのはやはりSNSが存在する現代ゆえになせる業である。

今夜初めて知ったのだが、彼は趣味で占いをやっている。私といえば、占いとはほとんど無縁であり、強いていえば年に一度初詣でひくおみくじぐらいのもの。例えば将来の自分がどうなるか?私は、「将来のことは自分で決める!」派なので、やはり占いに頼ることはない。
それでも、今日は「趣味」の占いで手相を見てもらうことにした。

DSC_2935私自身、きっと何を言われても自分に都合の良いことしか耳に入らないし、仮に悪いことを言われても逆転の発想で適当に良い解釈をしてしまうことだろう。
果たして結果は?やはり友達だからなのか、嬉しいことしか言わない。長生きするとか、第六感を持っているとか。長生きには更にオプション付きで、ボケることなく90歳まで過ごせるらしい。
毎年、健康診断の度に、なにか悪いものでも見つかるんじゃないかと心配しているほどなのに、この際、友人の占いを信じてみよう!・・・やはり自分に都合の良いようにしている。笑