IMG_3722オートクラフトでボディーリフレッシュ作業中のビアリッツ・ブルーのClassic、今日は塗装に関わる下準備の真っ最中。
取り外しているのはサイドモール。このモール、現在ではパーツの供給が終了している。両面テープで貼りつけられているこのモールは、従来なら力任せに剥がしてしまって新品を取り付ければよかった。しかし、今は丁寧に剥がして再使用するしかない。初期のクラシック・レンジローバーのようにモールの無い仕様を演じる方法もあるが、なにせこの車両はファイナルモデルの限定車。現存する最も新しいクラシック・レンジローバーの趣を尊重するべきだと思い、諦めずにモールを再使用することにした。

IMG_3729ボディー側、そしてモール側に残った両面テープを剥がすのはまさに根気勝負。経営者としては、人件費とパーツの原価はどとらが安いかな?などと考えてしまうのだが、たとえ答えが出たとしても選択肢はないのである。
こんなことがあるたびに、普通に入手できる時代にドカンと100台分ぐらい在庫しておくのだったと考えたりするのだが、今となっては後の祭りである。
とにかくコツコツ頑張ろう!この努力が将来のオーナーさまの満足につながることを信じて。