ジャックナット、我々は、例えばこんな時にこれを使う。

IMG_4656輸入車の場合、ナンバープレートを取り付ける枠はその国別の仕様になっているわけで、当然のことながら海外から日本に入ってくるクルマには日本のナンバープレートを取り付けるための「ナンバー枠」が取り付けられている。そして、これは3rdレンジローバーのナンバー枠。

IMG_4659IMG_4661
困ったことに、時々こんなトラブルが起きてしまう。今まで付いていたナンバープレートを取り外す際に、埋め込まれているナット部分が根こそぎズルっと取れてしまうのだ。左は正常、右がトラブルの状態。
古いナンバーが付いたままの状態で登録地へ向かい、新しいナンバーを取り付けてそのままお客さまに納車。そんな時にこのようなトラブルに見舞われてしまったら・・・。困る!なんてもんじゃない。ナンバープレートが取り付かないでは洒落にならない。
そのためにも登録に出かける前に正常にボルトが緩むのかどうか確認をしておく必要がある。そしてこんなふうにダメになっていたならキッチリ直しておかなければならない。

IMG_4664IMG_4666
IMG_4667ここでジャックナットの登場。適合するサイズにドリルで穴を広げ、そして埋め込む。裏側をクチャっと潰して挟み込む要領だ。
これで安心!登録地の陸事で慌てふためくことはない。