クルマにも意思があるのか、とかくオーナーが代わると拗ねてしまうものである・・・。
2nd_レンジローバーナイアガライ号が私の元に来て一週間。今朝、エンジンを掛けるとSRSの警告灯が点滅していた。ディスカバリー・シリーズ1の時代には頻繁に経験したが、2ndレンジローバーではエアバッグのトラブルはうんと減った。そんなマイナーなトラブルを見舞ってくるとは、新しい主に洗礼でも浴びせているつもりなのだろうか。
さっそくテスターで診断してみると、運転席側エアバッグへの配線が断線しているとのこと。ロータリーカプラーあたりが怪しいかな?ここから先はまた時間を作って修理を進めよう。

2ndレンジローバーピットからクルマを出し、駐車場へ回してエンジンを止めた。いや、止まらなかった。止めようとキーを回したら、イヤな感覚と共に、ピーン!コローン!と何かが弾けた様子。そう、リモコンキーがバラバラになってしまった。普通にキーを回しただけなのに・・・。
金属部分のキーはそのままシリンダーに残り、エンジンは掛かったまま私は外れたリモコン部分だけを握り締めていた。ピーンと飛んだのはバネで、コロンと落ちたのはボタン部分。幸いそれらのパーツは足元ですぐに見つかった。拾い集めて事務所に持ち込んで無事に組みつけられた。

まだ愛情が足りないのかな?徐々に機嫌を取り戻してもらわなきゃ。