DSC_3648私もドライブレコーダーを活用している。しかし、取り付けてある車両はメーンで乗るヴェスビウス号のみ。それ以外のクルマに乗る機会も多く、その都度付け替えられるように最近出回りはじめたポータブルのタイプに買い換えようかと考えていた。
そこでこんなモノを発見!保険会社の損保ジャパンと日本興亜損保が協同で開発したスマホ用アプリ、「Safety Sight」。

主な機能としては先のドライブレコーダー、そして前方車両接近アラート。
ドライブレコーダーは既に普及しているものと同様、万が一事故などで衝撃を感知した際にその前後10秒の画像を録画保存する。前方車両接近アラートは、前を走る車両との間隔が異常に接近するとアラーム音で警告を発するシステム。事故を未然に防ぐこと、そして事故が起きたときに解決を早めることが目的だ。
このアプリは無料でダウンロードできる。保険会社がコストをかけて開発し、そして無料配信。確かに理にかなっている。保険会社は契約者の事故が減れば保険金の持ち出しも減る!仮に事故が起きてもドライブレコーダーがあれば過失割合などの事故処理が迅速になる。タダで配ってでも十分元が取れるということなのだろう。

そんな保険会社の都合はともかく、ドライバー自身のために大変役立つことは明らか。私もスグにダウンロード・・・と思いきや、現在のところiPhone専用アプリだそうだ。私のスマホはAndroid、残念・・・。ただ、現在Android用も開発中で近日リリース予定とのこと。待ち遠しい。
iPhoneをお使いの方、どんなものか是非お試しください!

http://www.sompo-japan.co.jp/safetysight/index.html
http://itunes.apple.com/jp/app/safety-sight/id549776266?mt=8