今年、国内でイヴォークが発売されたことで、ランドローバー車がより広く知れ渡ってきたように感じる。そして、ブランドとしての「レンジローバー」と「ランドローバー」、この区別がとても判りやすくなってきた。・・ような気がする。
そこで、これまでも何度か説明をしてきたが、今日も「レンジローバー」と「ランドローバー」について。

自動車メーカー名としての「ランドローバー」。現在はこの「ランドローバー」の中にふたつのブランドが存在するものと私は解釈している。ひとつは「レンジローバー」、もうひとつが「ランドローバー」。(ちょっとややこしくなってきたかな?汗)
そのブランドとしての「レンジローバー」の中に、「レンジローバー・ヴォーグ」と「レンジローバー・スポーツ」と「レンジローバー・イヴォーク」がある。
また、「ランドローバー」の中に、「ディスカバリー」と「フリーランダー」と「ディフェンダー」がある。

整理をするとこのようになる。

ランドローバー/メーカー名
 ┃
 ┣━レンジローバー
 ┃  ┣━レンジローバー・ヴォーグ(3rd←2nd←クラシック)
 ┃  ┣━レンジローバー・スポーツ
 ┃  ┗━レンジローバー・イヴォーク
 ┗━ランドローバー
     ┣━ディスカバリー4(3←シリーズ2←シリーズ1)
     ┣━フリーランダー2(1)
     ┗━ディフェンダー(ランドローバー・シリーズ3←ランドローバー・シリーズ2
                 ←ランドローバー・シリーズ1)
  ※カッコ内は過去モデル

同じ単語、似たような言葉が入り乱れているので複雑ではある。
ただ、冒頭で「判りやすくなった」と申し上げた理由は、あるひとつのルールが明確になってきたからである。ブランドとしての「レンジローバー」と「ランドローバー」は、そのままボンネットデカールで統一されているのである。

rangeroverlandrover

左はレンジローバー・スポーツ、右はフリーランダー2。