昨夜、東京から名古屋の自宅にクルマで帰ってきたのだが、3連休の最終日ということもあってか、高速道路の渋滞がひどかった・・・。30キロの渋滞などもあり、普段なら1時間足らずの区間でなんと3時間も掛かってしまった。
そんなこんなで自宅に帰って間もなく、風呂も入らずに眠ってしまった(汗)。

DSC_3922今日は一週間ぶりにレイブリックに出社した。東京で過ごしている自分と、名古屋に居る間の自分は全く別人かと思うほど生活スタイルが異なる。東京ではマンションからオートクラフトまでが近いこともあって、通勤は徒歩。ちょっとした買い物は自転車。
名古屋ではレイブリックまではクルマ通勤。仕事が終わって出かけるときでも、食事や買い物などクルマなら気が向くままに行動できる。ゴルフの練習に行くのも容易いこと。

ということで、今日はゴルフ練習場へ直行!先週のオートクラフトのコンペではショートアプローチで失敗の連続。ゴルフに「タラ・レバは無い!」とは言うものの、私は「タラ・レバ」を練習の課題にしている。あのアプローチがトップしなかったら・・・。ちゃんとスピンが掛かっていれば・・・。などなど。そんな悔しい思いを忘れないうちに練習場に向かうというわけ。
練習したからといってすぐに改善できるほど甘いものではない。でも、やらなければ上手くなれるはずはない。次のラウンドのここ一番の一打のために、ひたすら練習!それでも次のワンチャンスで成功するとは限らない。なかなか報われないスポーツである・・・。

以前、知人からこんなことを聞いたことがある。仕事のことやプライベートのこと、日々取り巻くあらゆるストレスから解放される時間が人間には必要なのだと。悪い例だと、うつ病などの精神疾患にかからないためにも。
ゴルフの場合、たとえそれが打ちっぱなしの練習であっても、ボールに向かってスウィングする瞬間はそのショットを成功させることしか考えていない。練習の場合は、50球、100球と連続で打つこともある。その間は、ほとんど他のことを考えずに居られる。
考えてみれば、鈴鹿サーキットのスポーツ走行もそうだ。コースに出てレーシングスピードに入れば他の事など考えている場合ではない。全身全霊で運転操作をしなければ命取りになってしまう。

とりあえず、これまで私が大きな病気もせずに仕事を続けてこられたのは、きっとそんな趣味のおかげもあるだろう。仕事が詰まってギュウギュウになっている時こそ、逆にゴルフの予定を入れてしまうのは良いことだと思うようにしている。
ゴルフはサーキット走行に比べれば何十倍も安全な趣味だし、意外にコストも掛からないし、これからも続けていこう!笑